2017/06/09 16:00

田中道子 生瀬勝久からの「まばたきNG令」に感激

 現場では芝居に取り組む意識を高める日々なのだと話す。

「刑事役の生瀬(勝久)さんが、“目が大きいと、まばたき一つにも意味が出てしまうから、この役ではしない方がいい”と、教えてくださったんです。凄惨な現場ほど燃える鑑識役が落ち着きなくまばたきしていたら、自信なさげに見えますものね。生瀬さんも目が大きいので、ご自身が見つけた演技の上での“宝”を教えてくださり、感激しました」

 温かい現場で、彼女自身も演技のアイディアを積極的に出せるようになったという。

撮影/山田涼香

※女性セブン2017年6月22日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >