2017/06/17 16:00

瑛太が常連になりたがる「ドラマ調CM」はなぜ有効なのか

 宣伝している商品自体は、住友生命『1UP(ワンアップ)』なのですが、しかし保険の内容はCMを見ても実はよく解らない。詳細は伝わってこない。しかし、クライアントとしてはそれでいいと思っているのでは。じわっと印象を残し心の中に入れ込めばOK、あとは関心を持った人が自分で詳細を調べてくれるはず、と。

 ドラマ的演出がなぜ、CMにおいて有効なのか? それは間違いなく、人の心を揺さぶるから。共感を呼び起こすから。心が動くと、記憶につながるから。

「ドラマ調CM」と一口に言っても、まったく別のタイプもあります。上田一シリーズとは対象的と言っていいのが、ドリームジャンボ宝くじのCM。

 サムライ姿で現代にタイムスリップした役所広司。チョンマゲに着流し姿が妙にフィット。見るもの聞くものすべてに驚きを隠せないサムライ。大画面の中のド派手な宝塚スターを目撃して、腰を抜かす……。

 というこのCM、いったい何を伝えようとしているのか意味がさっぱりわからない。ただただ、非日常のインパクト。役所広司がサムライにしか見えないことにも驚かされる。これも視聴者の「心を動かす」CMとしては成功事例なのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >