2017/06/25 16:00

津川雅彦が語る兄・長門裕之というライバル

津川雅彦が兄・長門裕之というライバルを語る
津川雅彦が兄・長門裕之というライバルを語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、芸能一家に生まれた津川雅彦が、兄の長門裕之との関係、映画会社の移籍について語った言葉を紹介する。

 * * *
 津川雅彦は、祖父が日本初の映画監督・牧野省三、父が俳優・沢村国太郎、叔母が女優・沢村貞子、叔父がマキノ雅弘監督、兄が長門裕之という芸能一家に生まれ、自身も1945年、五歳の時に子役デビューしている。

「当時、役者はまだ差別されていた時代で、一般の人は我が子を子役になんかさせたがらなくて、なり手がいなかった。それで役者の子が強制的に幼児期からやらされてたんですね。

 でも、僕は役者が好きじゃなかった。化粧をするのが嫌でね、時代劇の羽二重がかゆい、カツラが重いわ、うっとうしいわ。

 溝口健二先生の『山椒大夫』に出た時は撮影が長引き、中学を留年させられてね。その時叔父のマキノ雅弘が溝口先生のところに僕を連れてって、監督に頭を下げさせて謝らせたんです。我々はやくざ一家だなと、つくづく思い知りましたね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >