2017/06/26 16:00

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

かつての日本映画では女優たちが体当たり演技をしていた(黒木瞳)
かつての日本映画では女優たちが体当たり演技をしていた(黒木瞳)

 黒木瞳、夏目雅子、松坂慶子、名取裕子、十朱幸代……かつて銀幕を彩った女優たちは、みな体当たりの濡れ場に挑戦してきた。しかし最近の日本映画では、後世に語り継がれるようなな濡れ場を演じる女優は少ない。なぜ“濡れ場”は減ってしまったのか?

 大島渚監督の名作『愛のコリーダ』(1976年)無修正版の生々しい性描写を誌上再現した6月23日号の特集には、読者から大きな反響があった。ヘアも解禁されていなかった時代に“性表現の限界”に真正面から挑んだ大島監督はもちろん、日本初の「本番撮影」に臨んだ藤竜也と松岡暎子には感服するほかない。とりわけ自らの秘部への男根の“抜き差し”まで露わにした松岡の女優魂は、時代を超えても決して色あせることはないだろう。

 体当たりで濡れ場を演じていたのは、彼女だけではない。過去には人気絶頂の有名女優も、若手の清純派女優も、そしてすでに地位を確立していた大女優でさえも、作品をより高めるために一肌脱いでいた。映画評論家の秋本鉄次氏はこう語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >