2017/07/02 07:00

五月みどり 「オファーがあったら“寄せて上げ”なきゃね」

五月みどりが波乱の芸能生活を振り返る
五月みどりが波乱の芸能生活を振り返る

 いま話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で女優として活躍する一方、毎月のようにステージに立って歌い続ける五月みどり(77)。初ステージから61年が経っても華やかな魅力を放つ五月だが、その人生は波乱に満ちていた──。

『NHK紅白歌合戦』に3年連続で出場を果たした翌年1965年、村田英雄所属の新栄プロダクション社長・西川幸男氏と結婚した五月。芸能活動を休止したものの、結婚生活は6年で破綻し、芸能会に舞い戻る。

 過去の栄光に執着しない五月に1974年、転機が訪れる。雑誌『平凡パンチ』からヌードグラビアの依頼が来たのだ。当時34歳。「紅白」に出場するほどの有名歌手が脱ぐことは異例だった。

「話に乗ってみるのも面白いかなって。自信はなかったけど、これくらいの胸なら大丈夫だろうと(笑い)。嫌だなと思いながら仕事に臨みたくないんです。だから現場では、私からもう少し脱いだほうがいいんじゃない、なんて言ったんですよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >