2017/07/16 07:00

松居一代ウォッチャーが語る約25年前にもあった“松居劇場”

”松居劇場”は約25年前にも?(YouTubeより)
”松居劇場”は約25年前にも?(YouTubeより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、とどまるところを見せない“松居劇場”、その禁断の歴史をひも解く。

 * * *
 7月4日、YouTubeにて“松居砲”が発射されてから10日余りが経過した。

 男性二人、女性一人と松居一代からなる“チーム松居”による発信や立ち回りは、相変わらずワイドショーのネタになっている。

 メイン視聴者は、松居と同年代のF3層(50才以上の女性)。F4と呼ばれる60代半ば以上の女性たちは、四半世紀前、松居一代が元夫と繰り広げた離婚ネタや息子さんのアトピー性皮膚炎や自身の顔面麻痺、さらには大手ゼネコンを相手取った欠陥住宅訴訟などを思い出していたことだろう。

 当然のことながら、テレビ局の現場に、その年代のスタッフは少なくなっている。因って、松居一代が『新潮45』(98年11月号)に記した「バブル亭主、ゼネコン、銀行との『わが闘争』…黙って死ねるか!」が掘り起こされたのも、今週半ばのことだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >