2017/07/24 07:00

『奇跡の歌』で明かされた大歌手・ペギー葉山さんの「旅立ち」

お別れの会には800人が参列した(6月22日)
お別れの会には800人が参列した(6月22日)

 ペギー葉山さんは日本歌手協会の会長まで務めた戦後日本を代表する大歌手のひとりである。4月10日、自宅で倒れ入院。診断は「肺炎」、その後容態が悪化し12日に亡くなった。享年83。これまで多くを報じられてはいないペギーさんの「最期」だが、作家・ジャーナリストの門田隆将氏が上梓した『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』(小学館刊・7月24日発売)の中で克明に明かされている。

 同書は、太平洋戦争のさなか、望郷と鎮魂の思いを胸に中国戦線で兵士たちが歌い継いだ『南国節』が戦後、『南国土佐を後にして』へとかたちを変え、ペギーさんによって新たな「命」を吹き込まれ、さらには『ドレミの歌』につながっていく奇跡のような実話を描いたものだ。東日本大震災で打ちひしがれた人々を、ペギーさんが歌う『ドレミの歌』が励ましていくラストシーンは感動的だ。門田氏は、生前のペギーさんほか多くの関係者に取材を行なった。

 門田氏にとっても、ペギーさん急逝の報は衝撃的だった。ペギーさんはつい2週間前に越路吹雪さんの特別追悼公演で元気に歌を披露したばかり。やがて始まるコンサートに備えてリハーサルも順調にこなしていた。倒れる前日にも普通に夕食を摂っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >