2017/07/26 07:00

連ドラ『愛ある』 「出来過ぎ」設定こそこのドラマの肝

『愛してたって、秘密はある。』に主演する福士蒼汰
『愛してたって、秘密はある。』に主演する福士蒼汰

 今クールのドラマには話題作が多いが、そのひとつが連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)だ。第2話で初回から0.5ポイント上昇して、平均視聴率8.7%を記録するなど好調。企画原案は秋元康さんで、福士蒼汰演じる主人公が、結婚を目前に控えながら、「父親を殺した」という秘密によって何者かに追い詰められていくミステリーだ。その見どころについて、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
『愛してたって、秘密はある。』は、あらゆる面で「出来過ぎ」のドラマである。まず、登場人物が「出来過ぎ」

 主人公の奥森黎(福士蒼汰)は、子供の頃から優秀で、現在は弁護士を目指す司法修習生として検察にいる。まじめで仕事熱心。第1話では自ら聞き込みなどして、傷害の再犯の疑いをかけられた青年の無実を証明、第2話では同級生を刺した少年の事情を知るため、わざわざ学校に出向くといった具合だ。

 そんな彼には婚約者・爽(川口春奈)がいて、彼女もまた検事を目指す優秀な女性。いわば、できすぎくんとできすぎさんの美男美女カップルなのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >