2017/08/03 07:00

80歳を迎えた伊東四朗 「まだ喜劇役者になりきれていない」

80歳にして第一線で活躍
80歳にして第一線で活躍

 去る6月15日、伊東四朗は80回目の誕生日を迎えた。

「世間では傘寿でしょ? お祝いしてくれるっていうんだけど、あっちこっちにお触れを出して、お願いだからやらないでくれって。照れくさいでしょう。

 家族にもお祝いは『いいよ』って断わりました。だって、ただ生きてきたってだけなんだから。だいたい、80まで生きるって思ってなかったしね。来年で芸歴60年ですけど、この商売を続けられるとも思っていなかった」

 本人は謙遜するが、80歳にして第一線である。ラジオの冠番組を20年間続けながらドラマの仕事は絶えず、今クールは『黒革の手帖』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。来年2月には、三宅裕司とのコントライブ『死ぬか生きるか!』が控える。

「役者になろうとも思っていなかったですからねぇ。高校を出た時に就職試験さえ受かっていれば、私はこの世界にいなかったんです。面倒くさがり屋ですから、入ったらずっと同じ会社にいたな」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >