2017/08/12 16:00

ダンプ松本 水泳大会で田中律子の水着を引っ張り怒られた

スタッフに怒られちゃったらしい
スタッフに怒られちゃったらしい

 1970年代から1990年代にかけて、人気の芸能人が多数出演する「水泳大会」は夏のテレビ界における風物詩だった。そこには、当時の人気女子プロレスラーも出演していた。かつて何度も水泳大会に参加した女子プロレスラーのダンプ松本が、当時を振り返る。

 * * *
 女子プロレスラーは1985年あたりから『オールスター紅白水泳大会』に出演していました。最初、私は出ていなかったのですが、“女子プロレス界の聖子ちゃん”と呼ばれていた立野記代が競泳で宮崎ますみちゃんを抜いて、1位になってしまった。当時、アイドルに勝ってはいけないという暗黙のルールがあったので、立野の代わりとして私が呼ばれるようになりました。

 番組からオファーがあった時点で、女子の水着を剥ぎ取る役目だろうなと察していました(笑い)。実際、現場で騎馬戦が始まる直前、スタッフに「あの子とあの子を脱がせてください」とポロリ要員を教えられました。それなのに、必死に抵抗して水着を剥ぎ取られないようにする子がいたんです。「おまえ、何のために来たんだ!」と怒鳴って、力任せに水着を破きましたよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >