2017/08/18 16:00

“山口組芸能部長”が語っていた「高倉健さんの思い出」

田岡三代目の頃から、山口組と芸能界のパイプは太かった(写真:共同通信社)
田岡三代目の頃から、山口組と芸能界のパイプは太かった(写真:共同通信社)

 元ヤクザの男が、老人ホームでひっそりと息を引き取った。男はかつて、ヤクザと芸能界のパイプ役を務め、“山口組芸能部長”の異名を持つ超大物だった。とくに縁が深かったのが、3年前に亡くなった俳優、高倉健だったという。ノンフィクション作家の森功氏がその関係性を辿る。(敬称略)

 * * *
「新幹線で二代目の井上(茂樹)さんが東京に向かっているところみたいです。大石さんが亡くなったのは、間違いないでしょう」(警視庁関係者)

 入盆前の8月9日、斯界に訃報が駆け巡った。その前日、山口組初代大石組組長の大石誉夫(たかお)が、東京近郊の特別養護老人施設で急逝した。死因は誤嚥性肺炎だった。

 1933年2月20日、愛媛県新居浜市生まれ。実兄・宮次郎のあとを追うように山口組入りした大石は、神戸港の冲仲仕(港湾労働者)を束ねる小さな組に過ぎなかった山口組を日本最大の暴力団組織にした中興の祖、三代目組長の田岡一雄に引き立てられた。岡山で大石組の看板を掲げて直参と呼ばれる直系二次団体に昇格。四代目の竹中正久体制で舎弟、五代目の渡辺芳則のときには舎弟頭補佐に就任し、執行部入りした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >