2017/08/27 07:00

還暦迎えた段田安則 「役者の守備範囲、舞台の醍醐味」語る

還暦を迎えて芝居への意欲を湧かせる段田安則
還暦を迎えて芝居への意欲を湧かせる段田安則

 取材当日、新宿の稽古場で行なわれていたのは、チェーホフの4大戯曲のひとつ『ワーニャ伯父さん』(8月27日~新国立劇場小劇場)。宮沢りえ、黒木華ら共演者とともに稽古の真っ最中だった。主役を演じる段田安則(60)のよく通る明快な声が響き渡る。

 が、稽古を終えた段田に、芝居の見所と意気込みを訊くと、なんとも頼りない答えが返ってきた。

「いまはまだ、この芝居はいったい何がウリなんだ? とよくわからない状態で(笑い)。稽古を始めて10日過ぎてもまだわからない。なんとか初日までには、『これ、ちょっといけるでしょ』と言えるところまで持っていきたいんですけどね」

 段田らしい飾らぬ力の抜けた言葉に思わず苦笑した。段田は、こう続けた。

「でもね、この顔ぶれですから、いい線までいけるだろうとは思っているんですよ。登場人物はダメダメの人ばかりですが、傍から見たらそこが面白いのかもしれないなと。ホームランではないけど、渋いヒットを打ったね、という感じになる気はするんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >