2017/09/10 07:00

真木よう子の誤算 「当たり役」の認識に視聴者と隔たり

ツイッターでの発言も物議を呼んだ
ツイッターでの発言も物議を呼んだ

 視聴率が低迷したドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)に主演した真木よう子(34)。ファッション誌業界を舞台に、さまざまな立場の女性がぶつかり合う姿が描かれた同作で、真木が演じたのは読者モデルの主婦だ。真木は自ら“当たり役”であると公言していたが、視聴者にとってもそうだったのだろうか。そこにこのドラマが苦戦した理由の一つがあると指摘するのは、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんだ。木村さんが解説する。

 * * *
 真木よう子さん主演ドラマ『セシルのもくろみ』が9月第1週・全9話で、早くも終了してしまいました。放送スタートからの視聴率低迷に加え、真木さんをめぐるネガティブな報道が相次ぐなど、まさに踏んだり蹴ったりの状態が影響しているのは間違いないでしょう。

 それにしても、2014年の『日本アカデミー賞』で、大竹しのぶさん以来35年ぶりの主演&助演女優賞をダブル受賞したほどの真木さんが、これほどの苦境に立たされた理由は何なのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >