----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/20 07:00

倉本聰さん 40代に北島三郎の付き人経験、大きな影響受けた

1週間だけ北島三郎の付き人をした経験があるという倉本氏
1週間だけ北島三郎の付き人をした経験があるという倉本氏

 往年の大スターが勢ぞろいで、毎日の楽しみが増えた――今年4月からスタートした『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)が、いよいよクライマックスを迎える。大人のための帯ドラマとして新設された“シルバータイム”は、シニア世代を中心に支持され、新たなお昼の楽しみとして定着した。立案者であり、『やすらぎの郷』の脚本家・倉本聰さんは、居を構える北海道・富良野でドラマにかける思いを語った。

 * * *
 今でこそ老若男女、誰もが楽しめる作品を心がけていますが、若い頃はプロデューサーや役者、評論家たちに対して書くとか、自分の中のどこかにエリート意識が潜んでいたんですよ。それを自覚したのは人生の後半になってから。大きなきっかけは北島三郎さん(80才)でした。

 40代の頃にね、実は北島三郎さんの付き人をさせてもらったことがあるんです。サブちゃんの人気が北海道であまりにもすごくて、なんでこんなに人気があるのか知りたくてね。志願して1週間だけ、冬のコンサートツアーに同行させてもらった。コンサートではサブちゃんのヒットパレード以外にリクエストコーナーがあって、「自分は昔、渋谷で流しをやっていたから3000曲くらい頭に入っている。だからみんな、なんでもリクエストしてくれよ」って、サブちゃんがステージから声をかける。すると客席からワッと手が挙がってリクエストがくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >