2017/09/20 16:00

3児の母・インリン「子供が成長したらグラビアを見せたい」

『Woo Rin Yan』(2004年、小学館刊。撮影/野村誠一)より
『Woo Rin Yan』(2004年、小学館刊。撮影/野村誠一)より

「着エロ」という新語が誕生したのは、2002年頃とされる。携帯電話から鳴る「着メロ」をもじり、「着衣のエロチシズム」を表わす言葉として生まれ、やがて大ブームを巻き起こした。過激な衣装で話題を集め、「エロテロリスト」と呼ばれたインリン(インリン・オブ・ジョイトイ)が、当時を振り返る。

 * * *
「着エロ」ブームを引っ張った実感は確かにあります。私の写真が話題になると、極小生地の衣装でギリギリまで大胆に露出する子がどんどん増えましたから。でも撮影は過酷。廃墟での撮影では蚊やブヨ、アカアリに刺されることもあってキンカンが必需品だったんですよ。写真集はすごく売れたので、現場はいつも熱気に包まれていました。

 縄や革紐で縛ってバストトップや下半身を隠したこともありますが、正直ニガテでした。うっ血したり、体のあちこちが痒くなったりするので、イライラしてましたね。だから、縛られている写真は自然と挑発的な表情になっているのかも(笑い)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >