2017/09/23 16:00

韓国芸能界 兵役を巡って株上げる人下げる人で評価真っ二つ

兵役で株を上げた2PMのテギョン
兵役で株を上げた2PMのテギョン

 韓国の芸能界において重要な問題となるのが、18才から29才までの成人男性に2年間の兵役義務が課せられる韓国の徴兵制度だ。多くの男性K-POPスターたちが、この兵役のために2年間の芸能活動休止を余儀なくされる。

 そんななか、2PMのテギョン(28才)は、本来は行く必要のない兵役に、自ら志願した。テギョンはアメリカからの帰国子女でアメリカの永住権も持っている。外国の永住権がある韓国人には兵役義務はないのだが、テギョンは永住権を放棄。さらに、“軍務に耐える体ではない”と判断された者が進む公益機関勤務の「社会服務要員」ではなく「現役兵」にこだわるあまり、長年患っている椎間板ヘルニアの手術を2回も受け、晴れて入隊が認められたのだ。そんなテギョンに対し、韓国メディアは《国民の模範》《スターのお手本》などと絶賛したという。

 一方でJYJのユチョン(31才)は、2015年8月に入隊すると、社会服務要員として江南区役所勤務となった。しかし、終業後に市内の歓楽街で飲み歩く姿が報じられ、クラブで女性を暴行したとして告訴までされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >