2017/10/01 16:00

竹野内豊が意固地で不器用な中年男役 その「声色」の魅力

二枚目役とは違った新境地を拓いた
二枚目役とは違った新境地を拓いた

 人の印象を決定づける上で、表情や仕草、服装が大きいのは言うまでもないが、案外大きいのが「声」である。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 世の中は一気に選挙モードへ突入。テレビは政治家それぞれの信条・政策以上に、そのキャラクターに注目。

「あの人の話し方は、タメが無いからだめなんですよ。一拍置かず、すぐ言葉を続けてしまうから、軽くなる」

 言葉以上に、どういったリズムや間合いで話すのかによって説得力というものは違ってくるらしい。

 「政治家はやはり、気概と胆力ですよ」

 その人が放つ熱、迫力がキーという指摘も。

「政治家としての勘がバツグンにいい」

 タイミングの良さ、瞬発力が勝負を決するということか……。

 選挙は「政策を論理的に語る」だけでは済まない。だから人間的で面白いとも言える。他の人に届き、感情を揺さぶるような「話しぶり」が力を発揮する。風雲急を告げる戦いの舞台では、いかに「幅広い共感を掴めるか」が決め手になるのかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >