2017/10/04 16:00

2018大河『西郷どん』 鈴木亮平主役抜擢までのドタバタ劇

「西郷どん」は放送前からドタバタ続き(写真:共同通信社)
「西郷どん」は放送前からドタバタ続き(写真:共同通信社)

 2018年放送の大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新150年の節目を彩る記念番組。NHKも力が入る同作だが、出演が予定されていた斉藤由貴が不倫騒動の影響で降板を発表し、ドタバタが続いている。

 原作は林真理子氏、NHK大河としては『花燃ゆ』以来3年ぶりの幕末もの。来年は明治維新から150年の節目にあたり、記念事業との相乗効果も期待されている。地元・鹿児島県への経済効果も今年の『おんな城主 直虎』をはるかに上回る300億円以上と試算されている。

 ただ『西郷どん』をめぐっては、斉藤の降板以外にも現場の苦労をうかがわせる話が存在する。主役の西郷隆盛を演じるのは34歳の鈴木亮平。決まるまでの過程が異例だった。昨年9月の制作発表の直前、「主演は堤真一に内定」とスポニチが“スクープ”。「話題づくりの狙いもあって堤の名前が先行して伝わったと見られるが、結局、堤の出演は実現しなかった」(前出の関係者)というドタバタを経て、鈴木が抜擢されたのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >