2017/10/15 16:00

柳家喬太郎 三題噺でわかるケタ外れの創作力と応用力

柳家喬太郎の凄さとは
柳家喬太郎の凄さとは

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、観客からお題を3つもらって即興で落語を作る「三題噺」に取り組んだ柳家喬太郎と、その創作力と応用力の高さについてお届けする。

 * * *
 才人、柳家喬太郎。彼の創作力はケタ外れだ。それは、単に優れた新作落語をたくさん生み出している、というだけではない。何か課題をクリアすることを求められたときの応用力の高さは驚異的である。

 その最たるものが、観客からお題を3つもらって即興で落語を作る「三題噺」。上野鈴本演芸場8月上席夜の部は企画興行「柳家喬太郎 三題噺地獄」で、10日間すべて前売り(指定席)で完売。連日立ち見が出た。

 5時半開演、喬太郎は毎晩6時に観客からお題をもらって楽屋に戻り、寄席の番組が進行する間に作った落語をトリの高座(8時20分から)で演じる。今回は3つのお題のほか、仲入り前に登場する日替わりゲストの演目も盛り込んで噺を作る、という縛りがあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >