2017/10/13 07:00

『わろてんか』登場キャラには「イメージカラー」が存在

『わろてんか』のキャラにはイメージカラーが?(HPより)
『わろてんか』のキャラにはイメージカラーが?(HPより)

 NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』。初回視聴率20.8%という好発進で、注目も集まっている。そんな『わろてんか』を一層楽しむための豆知識を紹介する。

 第3話のお祭りの日、ヒロインのてん(葵わかな、子役時代は新井美羽)と旅芸人の藤吉(松坂桃李)は初めて出会い、藤吉はてんに鳥のモチーフの根付け(ストラップ)をプレゼントする。

「根付けに限らず、かんざし、衣装、ふすまなど、至る所に鳥をちりばめています。鳥をセットや小道具のモチーフにしようと考えたきっかけは、後にてんが経営する寄席の名前が『風鳥亭』だからです。てんと藤吉が寄席の名前をつける際、思い出の“鳥”の根付けからヒントを得たという設定になっているのですが、実はこれは、美術スタッフのアイディアを脚本に生かしてもらったところなんです」(編成部映像デザイン・山内浩幹さん)

 てんの実家である藤岡家は、老舗の薬問屋。藤岡家の中をよく見てみると、床の間に掛け軸が飾ってある。この掛け軸に描かれているのは、古代中国の伝説に登場する医薬と農業の神様である“神農”だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >