2017/10/16 07:00

談志のDNA継ぐ立川志らく 立川流解散を口にする理由は

談志のDNAを受け継ぐ男、立川志らく
談志のDNAを受け継ぐ男、立川志らく

『2017上半期テレビ番組出演本数ランキング』の「ブレイクタレント」部門で、見事1位に輝いた落語家の立川志らく(54才)。昨年同期の出演本数はたった6本だったが、今年は129本増と大躍進した。

 そんな立川志らくは、かの立川談志(享年75)の弟子だ。師弟の出会いは約30年前に遡る。1985年、志らくは日大藝術学部の先輩である高田文夫の紹介により談志の11番目の弟子として立川流に入門した。

 大学を辞め、毎日談志の自宅に通い、落語だけでなく、談志の身の回りの世話から掃除の仕方まで怒鳴られながらもマンツーマンで指導を受けた。1995年に真打ちに昇進すると、映画を題材とした「シネマ落語」を発表するなど精力的に活動し、現在の落語ブームをけん引している。落語評論家・広瀬和生さんは志らくをこう語る。

「志らくは“談志イズム”をすべて取り入れようとした唯一の人物。昭和の歌謡曲や、映画、ミュージカルと談志の好きなものは全て見て吸収した。落語も談志の提唱する『伝統を現代に』の主張を受け継ぎ、古典落語に現代のギャグを取り入れ、若い人が見ても面白い落語を作り上げた。今、志らくは立川流の内外で“談志のDNAを継ぐ男”と認められています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >