2017/10/26 07:00

集中治療室の若嶋津を見守る高田みづえ 32年の夫婦の歩み

病院で不安な表情を見せるみづえさん
病院で不安な表情を見せるみづえさん

「歌は大好きですが、それ以上に素敵な人に出会えたのですから」。32年前、最後のステージでそう言い残し、マイクを置いた元アイドル歌手・高田みづえさん(57才)。先日、最愛の夫である元大関・若嶋津(現・二所ノ関親方、60才)が倒れた。唐突に夫婦の眼前に現れた「硝子坂」に、今や“角界一の女将さん”になったみづえさんが向かい合っている──。

 190cm近くある大柄で寡黙な親方の周りを、150cmちょっとと小柄な女将さんが笑顔で動き回る。千葉県船橋市にある「二所ノ関部屋」を支える親方夫婦の二人三脚ぶりは、角界でも有名だ。

「東京場所後の千秋楽パーティーをホテルの宴会場で行う相撲部屋は多いが、二所ノ関部屋は、自分の部屋でやるんです。女将さんを中心に女性スタッフが総出で、いなり寿司や鶏の唐揚げなど手料理150人分を振る舞います。盛り上がってきたときの余興は、女将さんが歌う『硝子坂』や『私はピアノ』。目を細めて歌声に聞き入る親方の優しい表情が忘れられません」(後援会関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >