2017/10/29 07:00

草食系時代の反動か リーダーシップある「関白夫」が人気

夫・松山ケンイチも元々は関白気質?
夫・松山ケンイチも元々は関白気質?

 2度目の離婚を告白したいしだ壱成(42才)は、妻に対して厳しい掟を課していたという。しかし、一方で、意外にも「関白夫」が人気だという声も。夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんは言う。

「“優しくて何でも許してくれる”男性への評価はもちろん高いですが、それだけでは物足りないと感じる女性も少なからずいる。草食系男子の時代にあって、“頼れる”“リーダーシップがある”“引っ張っていってくれる”男性を求める女性が増えているのではないでしょうか」

 実際、専業主婦に憧れる女性は増加傾向にある。ソニー生命が今年4月に発表した「女性の活躍に関する意識調査」によると、働く女性のうち「本当は専業主婦になりたい」と答えた人は39.2%。2015年の発表では33.4%であり、増えていることがわかる。夫婦問題研究家の岡野あつこさんが解説する。

「関白夫にも2種類います。社会で認められないストレスから、家にいる妻に当たり散らす人。もう一方は、妻に注文をつける分、“しっかりと外で稼ぐからついてこい”という人。前者は最低ですが、今のような先の見えない不安な時代には、後者はむしろ人気なのでは」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >