2017/11/02 07:00

落語界、新作から古典の名作まで元気な二ツ目たち

「二ツ目」たちにより落語界は元気
「二ツ目」たちにより落語界は元気

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、師匠の家や楽屋での世話をしていた前座から昇進し、紋付きを着て真打ちを目指す「二ツ目」たちにより落語界が元気な様子についてお届けする。

 * * *
 この連載の第1回で昨今の「二ツ目ブーム」的な状況について書いたが、それを象徴するような企画が僕のところに持ち込まれた。横浜市の関内ホールが「小ホールで二ツ目の落語会を始めたいのでプロデュースしてほしい」というのだ。

 この会場、大ホール(客席数1102)では従来から柳家小三治、立川志の輔といった人気者を招いて「関内寄席」を催している。小ホールは264席だが、これとて落語会のサイズとしては充分大きい。このキャパで二ツ目の会など、10年前には考えられなかった。

 題して「広瀬和生太鼓判 関内寄席ねくすと」。僕が出演者を選び演目も決めるというスタイルで、9月16日にその第1回を開催した。出演は柳亭小痴楽、春風亭ぴっかり☆、立川吉笑、三遊亭わん丈。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >