2017/11/24 07:00

ミスキャンパスに変化 女子アナ志望から「思い出作り」へ

杉浦友紀アナはミスソフィア出身(写真:ロケットパンチ)
杉浦友紀アナはミスソフィア出身(写真:ロケットパンチ)

 日本でのミスコンの始まりは、明治24年に東京・浅草にあった凌雲閣で芸者約100人を撮影して投票を募った『東京百美人』とされている。それが日本の大学で「ミスキャンパス」として初めて実施されたのが、いまから44年前、1973年の青山学院大学「ミス青山」だった。

 そこから時が経ち、いまやミスキャンパスは全国200大学以上で開催されている。2002年からは各大学のグランプリ受賞者が集まる全国大会「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST」もスタート。近年はミス慶應の主催団体による不祥事や、容姿での選考をセクハラととらえる風潮など逆風もあるが、多くのマスコミの注目を集める一大イベントであることに変わりはない。

 ミスキャンパスがこれほどの注目を集めるのは、多くのグランプリ受賞者が卒業後、「女子アナ」として活躍してきたからだ。まさに女子アナ“内定”への登竜門である。元祖である「ミス青山」からはこれまで、梅津弥英子(フジテレビ)や田中みな実(元TBS)、「ミス慶應」は中野美奈子(元フジ)や竹内由恵(テレビ朝日)ら多くの人気女子アナを輩出してきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >