2017/11/25 07:00

映画『ビジランテ』主演の桐谷健太が語る家族の愛と絆

映画『ビジランテ』に主演する桐谷健太
映画『ビジランテ』に主演する桐谷健太

 昨年末は紅白歌合戦出場、今年に入ってからも主演映画が立て続けに公開され、俳優としてますます進化を遂げ続けている桐谷健太(37才)。CMで見せる明るく豪快なイメージとは裏腹に、映画『ビジランテ』では、今までと違った顔を見せる…。

 子供時代に行方をくらました長男・一郎(大森南朋・45才)、市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介・42才)、デリヘルの雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。父親の死をきっかけに再会した兄弟たちは、遺産相続を巡って対立。地方都市の閉鎖的な空間の中、それぞれの人生が狂い始める。

 そんな家族の葛藤を描いた映画『ビジランテ』。桐谷が演じるのは心に闇を抱えた三兄弟の末っ子・三郎。短期間で撮影され、現場はかなりハードだったという。

「前日から翌朝10時まで撮影が続いて、昼の12時に再開ということもたびたび。素の自分より三郎でいる時間の方が長かったんです。だから、三郎というキャラを転がるように演じられたというか、あまり考えずにやれたのが面白かったですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >