2017/11/29 07:00

わろてんか 女中役・徳永えりの演技は「絶妙なさじ加減」評

女優として注目を集める徳永えり(公式HPより)
女優として注目を集める徳永えり(公式HPより)

 毎回、20%前後の高視聴率を記録しているNHK連続テレビ小説『わろてんか』。ヒロイン役の葵わかなだけではなく、松坂桃李、高橋一生、濱田岳ら注目俳優が出演しているが、コラムニストのペリー荻野さんが「陰の功労者」と注目するのは女中・おトキを演じる徳永えりだ。ペリーさんが徳永の演技について解説する。

 * * *
 そんなわけで、『わろてんか』は、寄席経営に乗り出したてん(葵わかな)と藤吉(松阪桃李)の祝言、第一子誕生、姑北村啄子(鈴木京香)の渡米とめまぐるしく物語が進んでいる。事業を成功させてキラキラする伊能(高橋一生)やここ一番で助けに来る風太(濱田岳)など、これまでヒロインを思う男たちに注目が集まりがちだったが、ちょっと待て。この物語の陰の功労者にして、演技派はおトキ(徳永えり)ではなかったか?

 もともとてんの実家藤岡屋で、てん付の女中だったトキは、よく気がつくしっかり者。てんが藤吉の許嫁候補楓(岡本玲)と、古米や外米を売る「商い勝負」をすることになった際にも、トキの言葉をヒントにてんは古米で団子、外米でカレー作りを顧客に提案。見事、勝利したのだった。そしてトキは、「おてんさまのため」と藤岡屋を辞めて、寄席のお茶子に。ここでも「お客の座布団を一回り小さく」とか「塩辛い物を売って飲み物の売り上げ向上」というアイディアを出す。やるね、おトキ!
 
 おトキがいいのは、奉公人として控えるところは控えながら卑屈にはならず、自分の意見を持って明るさがあること。そのさじ加減が、徳永えりはとてもうまい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >