2017/12/02 16:00

映画『光』 瑛太が「尊敬する」井浦新との感慨深い思い出

映画『光』出演者の井浦新らと大森立嗣監督
映画『光』出演者の井浦新らと大森立嗣監督

 映画『光』の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の井浦新と出演者の瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、そして大森立嗣監督が登場した。同作は三浦しをんの同題の小説が原作。大森監督は同作について「賛否両論あっていいです」と述べている。

 東京の離島に住む中学生の信之(井浦)と美花(長谷川)は交際していた。しかし、ある日美花が待ち合わせ場所で男に犯されてしまう。そして、信之は美花を守るために男を殺したのだった。その夜、島に大天災が襲い掛かり、生き残ったのは信之と美花とろくでもない大人たちと信之を慕っていた輔(瑛太)だけ。それから25年後、結婚して妻子を持つ信之と芸能界で貪欲に生き続ける美花の前に輔が過去の秘密を携えやってくる──。

 こんな内容の同作品。印象に残ったシーンを聞かれた瑛太は、尊敬する井浦を草むらに倒す場面と答えた。逡巡はあったものの、「思いっきり倒してずっこける新さんを見られたのは感慨深かったですし、嬉しかったです」と満足げな瑛太。井浦も「思いっきりだったよね」とコメントし、相当な威力だったようだ。

■撮影/小彼英一

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >