2017/12/09 16:00

永世七冠達成の羽生善治 静かな達成感は指先に表れる

「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖
「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、羽生善治棋聖の今後を読む。

 * * *
 竜王戦を制し、史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖。前人未到、空前絶後の偉業、将棋界の生ける伝説といわれるほどの快挙を成し遂げたのだが、勝敗が決したその時は、緊迫感に包まれていたものの、呆気ないほど静かに訪れた。

 渡辺明前竜王の打った手に、すかさず羽生棋聖が、最後の一手を打つ。勝ち筋が見えると震えるといわれている指し手がかすかに震えるが、すでに負けとわかっていた渡辺前竜王は、気持ちに区切りをつけるためかお茶を飲んだ。打たれた最後の一手に、茶碗を置くと「参りました」と投了し、頭を下げた。投了を受けた羽生棋聖も、両手を膝について丁寧に頭を下げる。それは戦った相手への礼儀と敬意。将棋界を知らない者にとっては、かなり地味に見えた勝利の時だが、礼に始まり、礼に終わるという将棋界の歴史的な瞬間だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >