2017/12/17 07:00

笑点司会・春風亭昇太 「ためにならない」と語る落語の魅力

笑点司会・春風亭昇太の落語の魅力は?(画像:笑点HPより)
笑点司会・春風亭昇太の落語の魅力は?(画像:笑点HPより)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、「全然ためにならない」とみずから言う春風亭昇太の落語の魅力についてお届けする。

 * * *
 現代の「面白い落語」の第一人者、春風亭昇太。彼の独演会に行くと、落語とは究極の「癒し」だなぁ、とつくづく思う。

 昇太はよく独演会のオープニングでこんなことを言う。

「今からあなたの人生に2時間の空白が訪れます。全然ためにならないし、何も残らない」

 ここに落語の魅力が凝縮されている。

 下北沢の本多劇場や新宿の紀伊國屋サザンシアターで毎年開催される昇太の独演会「オレスタイル」、今年は本多劇場で10月16日~18日の3日間、計5公演(17日と18日は昼夜)行なわれ、僕は17日の夜の部を観た。昇太の演目は全公演共通で『替り目』『二番煎じ』『死神』の3席。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >