2017/12/25 16:00

「親に紹介できる」ヴィジュアル系バンド、GLAY以外には?

ヴィジュアル系バンドシーンも様変わり?(イメージ)
ヴィジュアル系バンドシーンも様変わり?(イメージ)

 髪の毛を派手なカラーで染め上げ、ド派手なファッションと過激なステージングで魅了する――。初期の「X JAPAN」に象徴されるような、現実世界とは相容れにくいイメージの強かったヴィジュアル系バンドは、若者にとって「親に隠れて楽しむ」文化だったと言えるかもしれない。しかし、近年そのシーンにも変化が生じているという。

 それが「親に紹介できる」ヴィジュアル系バンドの登場だ。きっかけとなったのは、10月に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)だった。ヴィジュアル系シーンの歴史が特集され、そこでゴールデンボンバーの鬼龍院翔が「GLAY」の凄さについて説明する際、「親に紹介できるヴィジュアル系バンド」と評したのである。爽やかな見た目と楽曲で親も安心できるという意味だろうが、それ以降、バンギャル(※ヴィジュアル系バンドを愛好する女性)の間では、このワードが「言い得て妙」だと話題になり議論に火が着いているという。バンギャル歴15年という女性Aさん(30歳)はこう語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >