2017/12/24 07:00

すっかり減ったクリスマス特番 本当にニーズはないのか?

今年も『明石家サンタ』は放送(公式HPより)
今年も『明石家サンタ』は放送(公式HPより)

 この時期、クリスマスソングが街角で聴かれることが増えてきたが、テレビ業界のクリスマスにはある“異変”が見られるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、近年のクリスマス番組の変化について解説する。

 * * *
 かつてクリスマス特番は、テレビのドル箱コンテンツでした。複数の局で音楽特番が放送されるほか、恋愛バラエティー特番も多く、連ドラは「クリスマスに最終回を迎える」というロマンチックな展開で話題を独占。視聴者にとっては、大晦日の『NHK紅白歌合戦』と並ぶ師走の風物詩であり、年齢性別を問わず支持を集めていました。

 しかし、21世紀に入ったころからクリスマスが徐々に「恋人たちの華やかなアニバーサリー」から、「家族や仲間と過ごす穏やかなイベント」に変わり、盛り上がりは減少。そんな世間のムードを受けて、テレビのクリスマス特番も減っていきました。

 今年のクリスマス特番は、定番の『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2017』(フジテレビ系、24日25時~)、『クリスマスの約束』(TBS系、25日23時40分~)のほか、『CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017』(TBS系、25日19時~)が放送される程度。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >