2017/12/23 16:00

視聴率ひと桁『明日の約束』の満足度が高かったのはなぜか

井上真央がスクールカウンセラーを演じた(番組公式HPより)
井上真央がスクールカウンセラーを演じた(番組公式HPより)

 最近のドラマの出来不出来は視聴率だけでは計りにくくなっている。今クールの中で、“ギャップ”が大きかった作品について、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 19日火曜日に最終回を迎えた『明日の約束』(フジテレビ系)。井上真央さんがスクールカウンセラー・藍沢日向を演じた話題のドラマです。

 男子生徒が不可解な自殺をし、その理由を追いかけていくと友人とのトラブル、モンスターペアレント、過干渉な“毒親”、なりすましメール、DV……思わぬ闇が次々に見えてくる緊迫感に包まれたドラマ。視聴率はひと桁台が続き、その点から言うと「失敗作」に括られてしまうのかもしれません。

 しかし、毎日2400人からテレビ番組の満足度調査を行なっている「テレビウォッチャー」の調査結果は対象的。 F1層(20歳~34歳女性)の平均満足度は突出して高く、物語の半ばあたりで4.15を記録しました。ちなみに高満足度の基準数値は3.7。それを大幅に上回っただけでなく、回が進むごとに女性のみならず男性を含めた満足度が上昇し、第7話で4.00という結果に。他のドラマで4.00を超えていたのは『陸王』『コウノドリ』『ドクターX』『刑事ゆがみ』の4つのみ(12/5日時点)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >