2018/01/18 07:00

渡辺謙と南果歩 離婚交渉が難航する背景に「婚前契約」

 2005年に結婚したふたりは南の母と一緒に都内にある5億円といわれる豪邸で生活していた。2015年にアメリカ演劇界で最も権威ある「トニー賞」の主演男優賞にノミネートされたこともある渡辺は、日本の芸能界でもトップレベルのギャラだ。

「南さんは“謙さんの妻”という立場に未練が多少あるようです。謙さんは、全財産を諦めれば、比較的スムーズに離婚できるはず。ただ、謙さんにはたったひとつだけ願いがあるようです。それは軽井沢にある別荘だけは自分に残してくれないかということ。土地と建物でそれぞれ別名義にしてあるので取り扱いが難しい。謙さんが譲れば済む話ですが、思い入れが強いようで…」(前出・知人)

 数日でも休みがあれば足繁く通っていたという別荘は、渡辺の“心のオアシス”だった。親しい知人を連れて年末年始を過ごしたこともあったという。だが「婚前契約」に従えば、渡辺はここも失うことになる。

「今あの夫婦が進めている離婚交渉というのは、南さんがどれくらい渡辺さんへ財産を渡すかどうかということでしょう。渡す必要はないとはいえ、ゼロというのも…。それさえクリアすれば今夏にも離婚成立はあると思いますよ。騒動当初、スキャンダルを嫌うNHKは“放送終了まで離婚はNG”と要請していたそうですが、視聴率が低迷していることもあって、“ドラマが話題になるならOK”と、むしろ便乗する気もあるとか」(前出・芸能関係者)

 許されざる者の願いはかなうか。

※女性セブン2018年2月1日号



今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >