2018/01/29 07:00

ノーナレ番組増加 説明過多なTVに「余白」の必要性示す

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』もノーナレ番組(公式HPより)
『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』もノーナレ番組(公式HPより)

 テレビ番組において、その場の状況をわかりやすく説明し、雰囲気を盛り上げるナレーション。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『水曜日のダウンタウン』(TBS系)といった番組では、出演者の行動にツッコミを入れるという役割も担っている。だが最近、ナレーションが一切ない「ノーナレーション番組」がじわじわと増えている。その魅力とともに背景にあるものは何なのか? 
 
◆旅番組・散歩番組に多いノーナレーション

 出川哲朗が電動バイクで日本を縦断する『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)。昨年11月18日には歴代最高視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したが、この番組もまたナレーションはない。
 
 聞こえてくる“音声”と言えば、主役の出川と同行するディレクター、さらには毎回変わるゲストタレントとのやり取りのみで、途中立ち寄った観光地などもすべてテロップによる説明で終わり、また出発地から現在地までの距離を示す地図が出る際もナレーションは入らない。
  
 ほかにも、マツコ・デラックスが深夜の東京近郊を歩く『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)もノーナレーション。そこに聞こえてくるのは、マツコと、時々入るディレクター、さらには街の人々とのやり取りだけだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >