2018/02/18 07:00

『タッチ』浅倉南声優・日高のり子 変わらぬ声の秘訣とは

『タッチ』の浅倉南や『となりのトトロ』のサツキの声優日高のり子さん
『タッチ』の浅倉南や『となりのトトロ』のサツキの声優日高のり子さん

 テレビアニメ『タッチ』の浅倉南や、劇場版アニメ『となりのトトロ』のサツキなどで、はつらつとした声を印象づけた、声優・女優・ナレーターの日高のり子さん(55才)。それぞれ20代で演じた役だが、今もその声音や滑舌のよさは変わらない。その秘訣は、筋トレやヨガ、ストレッチなどさまざまな健康法のおかげだとか。

 トレーニングを始めるきっかけになったのは、30代で感じた声の変化のせい。

「ある日、前より高音の伸びがないことに気づいてボイストレーニングの先生に相談したんです。その時すすめられたのが筋トレでした。先生曰く、“声帯を支える筋肉が衰えると声の張りも落ちる”そう。ならばと、筋トレをしつつ、硬くなった体をほぐして血流を整えることにしました」(日高さん、以下「」内同)

 当時の日高さんは子育て真っ只中。自分のことは後回しになり、背中にぜい肉が増えたことにも気づかなかった。

「当時は年とともに声が衰えるのは仕方がないとあきらめていましたが、声の老化は止められるって知り、希望が湧きました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >