2018/03/11 07:00

祖父がシベリア抑留帰りの内野聖陽が50代を目前に描く夢

俳優生活は25年目に突入
俳優生活は25年目に突入

 180センチ近い長身に、落ち着いた色気と渋さを纏う内野聖陽(49)が現われると、その存在感に圧倒される。

 早稲田大学在学中の1992年、留年した内野は先輩から文学座の受験を勧められ、見事合格した。研究生になった翌年には、土曜ドラマ『街角』(NHK)で俳優デビュー。以来、舞台や映画と着実に活躍の幅を広げてきた。

 ここ数年は、大河ドラマ『真田丸』(NHK・2016年)の徳川家康役に体重を16キロも増やして挑んだかと思えば、昨年末の『ヘヤチョウ』(テレビ朝日系)では、悩みや葛藤を抱えつつも事件解決に奔走する刑事を好演している。

「『真田丸』の時はたまたま舞台を終えた直後で痩せすぎていたので、家康のイメージに合わせて体重を増やしただけ。役として求められると、自分を追い込んで必死になれるんです。僕が思うのは、役者っていただいた役がご縁で続いていくものだってこと。だから目の前にある役を全うすることに精一杯。舞台を中心にやりたいとか、映画がいいといった希望はないんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >