2018/03/12 07:00

『およげ!たいやきくん』を輩出、ポンキッキのP&Dが語る“歌”

『およげ!たいやきくん』ほか『ポンキッキ』発の名曲の数々(写真/アフロ)
『およげ!たいやきくん』ほか『ポンキッキ』発の名曲の数々(写真/アフロ)

 BSフジの子供向け番組『ポンキッキーズ』が3月をもって終了することとなった。1973年にスタートしたフジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』から続いてきた、45年の歴史が幕を閉じる。

『ポンキッキ』の歴史を振り返る上で欠かすことのできないのが番組発の名曲の数々である。1975年、オリジナルソングのコーナー「今月の歌」が始まると次々とヒット曲が誕生した。なかでも子門真人(74才)が歌った『およげ!たいやきくん』は、現在も燦々と日本の音楽史で歴代1位に輝く450万枚の大ヒットを記録した。同曲は子供だけでなく、サラリーマンの哀愁も込められており、大人の心にも刺さった。

 静岡県で暮らす会社員・水田玲子さん(仮名・48才)は、この曲を聴くと父親を思い出すという。

「普段はまったく音楽に興味のない父が、初めてレコードを買ってきたのが『およげ!たいやきくん』でした。家族みんなでレコードが擦りきれるほど、何度も何度も聴きました。お風呂に入るとき、服を脱ぐのと同時に歌い始めて“海に飛び込んだのさ”のフレーズとともに湯船に飛び込んだことは、今でも脳裏によみがえります」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >