2018/03/13 16:00

脇役の美学は「ちょっと」に宿る 大杉漣ら名脇役たちの拘り

大杉漣ら名脇役たちの「脇役の美学」とは
大杉漣ら名脇役たちの「脇役の美学」とは

 今の芸能界においては、才能のある役者であれば誰もが主役に躍り出る可能性がある。だがその中であえて、“脇役に徹する”という美学もまた存在する。大杉漣さん(享年66)の訃報は改めてバイプレイヤーの存在感の大きさを示した。

 2008年8月に亡くなった女優、深浦加奈子さん(享年48)は、数多の人気ドラマに脇役として出演し、名バイプレイヤーといわれ続けた。しかし、父・栄助さんは「本人は脇役だという意識はなかったと思う」と語る。

「結果として、加奈子が演じていた役柄は脇役です。ですが、それは女優として仕事をしていくなかで、試行錯誤しながらもたどり着いた、自分にしかできないベストポジションだったのだと思います」

 親として、娘に主役としてスポットライトを浴びてほしいという気持ちも皆無だったと言う。

「そんなこと、考えたこともない。加奈子がテレビに出始めたのは29才と遅かったし、主役は若くてはつらつとした人がやるものだと思っていた。そんなことよりも、『このドラマは脇役がしっかりしているから面白いんだ』と見たかたに思われるのが、親としても何よりうれしいことでした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >