2018/03/12 16:00

フジ宮司愛海アナ、東京五輪見据え“新しいスポーツの顔”に

ゆくゆくはフジのエースに?(写真:ロケットパンチ)
ゆくゆくはフジのエースに?(写真:ロケットパンチ)

 4月の番組改編を前に、女子アナ界に「春の嵐」が吹き荒れている。視聴率民放4位に沈むフジテレビは、「変わる、フジ」のフレーズを掲げて異例の大改編に踏み切った。

 カトパンこと加藤綾子(32)がMCを務めた『スポーツLIFE HERO’S』は3月で終了。後継の新番組『S-PARK』に2015年入社の宮司愛海アナ(26)が抜擢された。

「平昌五輪でも氷点下の寒さに耐えて体を張った現地レポートをした宮司アナを、“フジの新しいスポーツの顔”として売り出す方針のようです。これまでスポーツ担当は『すぽると!』の宮澤智アナ(28)や、平昌五輪も取材した内田嶺衣奈アナ(28)の印象が強かったが、2020年の東京五輪まで見据えて若返りを図ったかたちです」(フジ局員)

※週刊ポスト2018年3月23・30日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >