2018/03/17 16:00

門脇麦 『トドメの接吻』で「不気味カワイイ」魅力全開

番組公式HPより
番組公式HPより

 門脇麦は不思議な女優──彼女の作品を観た大多数の人がそう感じているのではないか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 今週最終回を迎えた『トドメの接吻』(日本テレビ系)は、一風変ったドラマでした。

 やたらキスばかりして、そのたびに話がタイムリープし過去に戻ってしまう。見ている側は時系列がゴチャゴチャして頭がこんがらがってしまう。最初は正直、奇をてらったドラマに見えたのです。しかし、じわじわと染み出してくる「切なさ」。これはいったい何? 途中から不思議な「切なさ」に惹きつけられて最後まで引っ張られてしまいました。

 その「切なさ」を醸し出した原動力とは……まさしく「門脇麦」の存在にあったと言えるでしょう。

 物語の主人公・旺太郎(山崎賢人)は、金と権力しか信じず成り上がることが目的のホスト。そのクズな旺太郎を、キスをすることで死に至らしめる謎の女が宰子(門脇麦)。キスで7日の時間を遡りタイムリープすることで、旺太郎は人生の別の選択を繰り返していく、というストーリー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >