2018/04/07 16:00

『半分、青い。』 風変わりなタイトルに込められた生活哲学

放送開始間もなく議論沸騰(番組公式HPより)
放送開始間もなく議論沸騰(番組公式HPより)

 今回の朝ドラは冒険的で野心的な作品である、といえそうだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 今週いよいよスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。主人公が胎児のまま、この世にまだ存在しないうちから登場という斬新なスタート。

 楡野鈴愛役の永野芽郁と萩尾律役の佐藤健が、胎児の声のナレーションをする、という面白い趣向。それだけではありません。ナレーション担当が次々に替わっていくのもユニーク。ピンピンコロリと亡くなった祖母が、空の上からみんなを眺めつつ語る。

 というように、今回の朝ドラは異色のチャレンジが満載。早くも視聴者の関心を惹きつけています。

 時代考証でもカンカンガクガク、議論がわき起こっています。例えば1960年代に放送された「マグマ大使」の特撮ネタを80年代の小学生・鈴愛が知っているのは時代的にヘン、といった指摘。あるいは昭和の時代にビニール傘はおかしい、普及していなかったのでは、という声。つまり、実に細かい点まで視聴者の関心が及んでいる。言ってみればそれは「関心度の高さ」を示している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >