2018/04/22 07:00

ファン垂涎 長野にある劇団四季の「お宝倉庫」に潜入

『オペラ座の怪人』のシャンデリア
『オペラ座の怪人』のシャンデリア

 長野県大町市。自然豊かな南アルプスの麓に、『キャッツ』や『オペラ座の怪人』『ライオンキング』『リトルマーメイド』『ノートルダムの鐘』などで知られ、今年創立65周年を迎えた劇団四季の歩みが詰まったお宝の保管庫があった。その名も「四季演劇資料センター」。なぜ長野にあるかというと、日本の“へそ”に位置するからだ。全国で公演する四季ゆえの立地だ。

 一般非公開の15棟の建物には現在、約50演目の舞台装置、衣裳、カツラ、音響や照明など、ありとあらゆるものが整理され、大切に保管されている。

 年間約3000ステージをこなす四季は、一定期間で上演する演目を入れ替えていく。1983年に開幕した『キャッツ』などロングラン作品も多く抱えるため、衣裳や装置はおのずと長く使い続けることになる。センターに常駐している技術部・ジェネラルマネジメントスタッフの中山正蔵氏がいう。

「初演から使用している貴重なものもありますし、新作ごとに道具は増えていく一方です。この場所は閉幕した劇場から道具を引き取る場であり、開幕する劇場へ送り出す場でもある。再演が決まれば、スタッフがすべての道具の状態を確認し、必要であれば補修をして本番に備えます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >