2018/05/04 16:00

写真家が感じた夏目雅子、山口百恵、紺野美沙子らの印象

紺野美沙子(1980年、秋山庄太郎氏撮影)
紺野美沙子(1980年、秋山庄太郎氏撮影)

 1946年、26歳から写真家として活動を開始してから2003年に急逝するまで、秋山庄太郎は女性ポートレートを中心に撮影を続けた。原点は女優・原節子だった。「被写体の本当の美しさを探し出すってことを教えられましたね」とまで語る、その特別な思いは多数の著書から窺うことができる。

 秋山に、原への思いに似た印象を抱かせた女優が1人いた。夏目雅子だ。

「僕は新人を撮るとき、その子が伸びるかどうか瞬時に感じる。そういう予感を抱く楽しさというのもあってね。彼女(夏目)はこの先もっと撮りたいなと思わせるものを持っている子でした」(著書から)

 事実、周囲も秋山が「伸びるかどうか瞬時に感じ」ていたことを認めている。仕事のパートナーとして秋山の傍にいた、長女の夫でもある、秋山庄太郎写真芸術館・館長の上野正人氏が証言する。

「例えば新人の頃の山口百恵さんを撮影したとき、『この子は必ず伸びる』と言っていました。何か直感的に感じるものがあったようです。秋山が得意げに語っていたのは、15歳の吉永小百合さんに会った時のこと。『この子は絶対に人気が出るから大事に育てなさい』と母親に言ったそうです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >