2018/05/07 07:00

『西郷どん』奄美編の大問題! もう“西郷松”は枯れていた

2006年撮影の西郷松(龍郷町提供)
2006年撮影の西郷松(龍郷町提供)

 NHK大河ドラマ『西郷どん』は5月13日放送予定の第18話から、物語の舞台を奄美大島に移す。鈴木亮平(35)演じる西郷隆盛は、幕府に追われた尊皇派の僧侶・月照(尾上菊之助、40)と共に入水自殺を図るも、奇跡的に一命を取り留める。その後、約3年間にわたり、奄美大島で潜居することになる。

「明治維新の動きとは直接、関係を持たない雌伏の時代ですが、今回の大河では複数話を割いて丁寧に描いていく。島で出会う2人目の妻・愛加那を二階堂ふみ(23)が演じ、3月中旬から下旬にかけて現地ロケを行ないました」(NHK関係者)

 史実では、黒糖運搬船「福徳丸」に乗った西郷が島に着いたのは安政6年(1859年)の1月で、島の北東部に位置する阿丹崎から上陸した。その際に船を係留した松の木は現地で“西郷松”と呼ばれ、隣には『西郷翁上陸之地』という石碑も立てられた。島民の一人がこう語る。

「高さは18メートルにも及び、幹の太さは大人3人が手をつないでやっと囲えるほどで、枝振りも目の前に走る二車線の湾岸道路を覆うほど巨大な松でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >