2018/05/11 16:00

チュート徳井が出演者を見守る『DTテレビ』に涙腺が緩んだ話

DT出演者を見下さない徳井義実(イラスト/ヨシムラヒロム)
DT出演者を見下さない徳井義実(イラスト/ヨシムラヒロム)

 2000年代初頭、「30歳までに童貞を捨てなければ魔法使いになれる」という都市伝説がインターネットの世界を駆け巡った。その頃から独自の価値を持つようになった「童貞」は「DT」と呼ばれるようになり、今ではチュートリアルの徳井義実が司会をする『DTテレビ』(AbemaTV)という番組を生み出した。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、DTにやさしく寄り添うがゆえに、ただ笑えるだけでは済まされないDTをめぐる複雑さについて考えた。

 * * *
 2002年、日本が自国開催のサッカーW杯で盛り上がっている頃、1冊の本が上梓された。その名は『D.T.』。

 著者は「マイブーム」を作った男・みうらじゅん、そして深夜ラジオのカリスマ・伊集院光だ。サブカル青年に多大なる影響を与えた2人が組んだドリームマッチブックである。本著では、みうら、伊集院の両氏が「童貞時代が長かったやつほど、想像力豊かな人間になれるんだ!」と提言。ダサいイメージが付いた”童貞”という言葉も”D.T.”に名称変更。「D.T.はカッコいいものである!」と世の中の価値観に一石を投じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >