2018/05/09 07:00

豊川悦司 『半分、青い。』で「秘境のような男」の魅力全開

少女漫画家を演じるトヨエツ
少女漫画家を演じるトヨエツ

 1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛(永野芽郁・18才)が、失敗を繰り返しながらも持ち前の行動力で現代まで懸命に生き抜く姿を描くNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。この朝ドラの中で、話題を集めているのが濃すぎるキャラの少女漫画家を演じる豊川悦司(56才)である。その魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 いよいよ東京編に突入する『半分、青い。』の登場人物の中で、今、誰よりも目が離せないのが、大御所漫画家・秋風羽織役の豊川悦司である。

 大人気の少女漫画家・秋風は、これまで顔出ししてこなかったが、突如としてサイン会とトークショーを開催する。出てきた本人は黒ずくめのぞろりとした服装で、ロン毛に黒サングラス。「みうらじゅん…」と思ったのは私だけではないと思う。トークショーでは司会(加藤綾子)に累計5000万部を売りあげた感想を聞かれても「別に…」とどっかで聞いたことがあるようなそっけない回答。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >