2018/05/22 16:00

アンジャッシュと杏がアンパンマン声優になった理由

映画版アンパンマン最新作の声優陣が登場
映画版アンパンマン最新作の声優陣が登場

 6月30日公開の映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の制作報告会見が行われ、声優を務めた杏とアンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)が登場した。今年で30年を迎える映画アンパンマンだが、今回は自分がどこからやってきたか分からない好奇心旺盛な不思議な子・クルンとアンパンマンらが「いのちの星」を救うべく動く。

 杏がクルンの声を担当し、児島は芋虫型のバイキンメカ“ゴロンゴロ”の声を、渡部はバイキンメカ“だだんだん”の声を担当する。ちなみに、この3人が起用されたのは「アンパンマン」の「アン」にかけ芸名・コンビ名に「アン」がつくためだという。

■撮影/平野哲郎

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >