2018/06/09 07:00

吉田鋼太郎や大泉洋、松重豊など「しょぼくれ男」が人気

いまモテるのは、しょぼくれ男
いまモテるのは、しょぼくれ男

「夫やパート先の上司を見ても実感しますが、男性って50代になってもまだまだ野心があるものだし、ちょっとでも手柄をたてるとすぐに自慢してくる人が多い。でも“恋雨”(映画『恋は雨上がりのように』)の店長は45才にして、誰が相手でも否定せず静かに見守ってくれる。それでいてぽろっと漏らすセリフから、いろんな人生経験があったんだなと感じさせる。ヒロインのあきらちゃんでなくても惚れちゃいますよ」(福岡県・46才・主婦)

「店長の近藤さんにキュンときました。彼は自称“夢も希望も何もない、空っぽの中年”というしょぼくれたおじさんだけど、実は密かに夢を持っているじゃないですか。空っぽじゃないから他人にそこまで立ち入らないし、余裕があるのかなって。自分の気持ちをがんがん押しつけてくる主人を見るたびに、店長だったらな~…と妄想しちゃいます(苦笑)」(静岡県・44才・主婦)

 映画『恋は雨上がりのように』に出演している大泉洋(45才)にハマる女性が続出している。大泉演じる近藤正己とは、45才、バツイチ子持ちのファミレス店長。客からのクレームにはとにかく平謝りし、アルバイトからは体臭が臭いと笑われ、女子高生と会話をしただけで痴漢呼ばわりされる、いわゆる“さえないおじさん”だ。しかしそんな店長に、女子高生の橘あきら(小松菜奈・22才)は密かな恋心を抱いている。けがにより陸上の夢を絶たれたあきらが、雨の日、偶然入ったファミレスで優しく声をかけられたその時から──。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >