2018/06/17 07:00

シングルパパ・大浦龍宇一、子育てのために俳優廃業も考えた

大浦、49才の誕生日。自宅で主之和くんと
大浦、49才の誕生日。自宅で主之和くんと

「ぼくは男手ひとつで子育てしてきましたが、萩生田さんの発言に“ひどいこと言いやがって”とは思わないし、むしろ頷ける部分もありますよ」

 こう語るのは現在中学3年生の息子をひとりで育てる、シングルパパの大浦龍宇一(49才)。1994年にドラマ『この世の果て』(フジテレビ系)で俳優デビュー、現在放送中のドラマ『逃亡花』(BSジャパン)に出演中のほか、歌手としても活躍中だ。

 5月27日、自民党の萩生田光一幹事長代行が放った、「どう考えたってママがいいに決まっているんですよ」「『男も育児だ』といっても、子供にとっては迷惑な話」という発言が大きな波紋を呼んだが、大浦はこうした“心ない”言葉にも笑顔で、「やってみるとわかりますけど、ひとりで育てるのは大変ですよ」と話し始めた。

 大浦が離婚したのは2007年。当初、元妻が息子の主之和(すのわ)くん(14才)を育てていたが、2011年に起きた東日本大震災を機に、大浦が引き取った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >